ブローチをおしゃれに身につける方法。セレブに学ぶブローチコーデ。

2016年ごろからファッションアイテムとして、ジワジワ人気の「ブローチ」。

以前の日本では、ブローチは、パーティーやイベントの時に身につけるもの、あるいは年配の方が身につけるものというイメージがありました。 ですが、最近では、イギリスのキャサリン妃をはじめとした海外セレブたちが、おしゃれに身につけていることもあり、ファッション誌も注目。改めて、人気に火がつこうとしています。

でもブローチは、まだまだファッション上級者アイテム。

デビューするにあたり、ハードルが高く感じている人も多いかもしれません。

ですがブローチは古くから女性の味方。実は思ってる以上に、その使い方は自由なんです。

今回は海外を中心に、ブローチのおしゃれなコーディネートを集めてみました。

まずは定番、女性の憧れシャネルブローチ

ざっくりしたスタイルの日でもポイントになり、オールシーズン大活躍のシャネルブローチ。元祖コスチュームジュエリーブランド、さすがの貫禄。臆せず、大胆に身につけるのがポイント。  

エレガントに、かわいく

バーレスクの女王であり、ファッションリーダーとして知られるディタ・フォン・ティースの完成されたブローチファッション。ヴィンテージライクなドレスに華やかなブローチの組み合わせ。ブローチが、見る人の「視線」をコントロールし、スタイルを完成させるアイテムであることがよくわかります。

ブローチ未経験の方が想像するよりも、心持ち、ブローチの位置が上なのがお分りいただけるのではないでしょうか。お手本にしたくなります。

襟や袖に

袖につけるのは、グッチをはじめとして近年見られる新しいスタイル。虫や羽など、動きを感じられるデザインのブローチがおすすめです。キラキラしているブローチもいいですね。

デニムにつける

意外にもデニムとブローチの相性は抜群。
カジュアルなスタイルがぐっと女性らしく。重ね付けもクールです。

 

いかがでしたか?

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tapoli Vintageでは、シャネル、トリファリをはじめとした、世界のヴィンテージブローチもご紹介しています。

Tapoli Vintage(タポリヴィンテージ)オンラインショップ 「世界のブローチ」