蚤の市に行こう!失敗しない、日本のおすすめ蚤の市5選

ここ数年、蚤の市が大ブーム。

日本では、以前はフリーマーケットや骨董市、ボロ市などという名称が使われることが多かったようですが、「東京蚤の市」さんが有名になるとともに、「蚤の市」という言葉は、ぐっとおしゃれで、身近な単語になりました。

それに伴い、日本各地でユニークな蚤の市が増えています。

せっかくなら素敵な蚤の市へ行きたい…そこで今回は、ミライヴィンテージがオススメする、行って後悔しない蚤の市をご紹介したいと思います。

東京蚤の市

開催地 /東京・調布

出典/東京蚤の市

編集チーム「手紙社」さん主催、3万6000人が来場する「東京蚤の市」。

手紙社さんは近年の蚤の市ブームの火付け役。「もみじ市」「紙博」などでも知られます。

「パリの蚤の市」のような、おしゃれな雰囲気で人気の「東京蚤の市」。

支持された理由のひとつに、「運営が出店者を厳選している」という点があります。

一般のフリーマーケットや骨董市は、出店者は公募で集められ、自由に誰でも出店することができます。そのため、目の肥えたお客さんや若いお客さんには、「ダサい」「マッチしない」「統一感がない」と感じられたことも…。

しかし、「東京蚤の市」は、運営側が出店者に対し出店依頼を行う、招待制。
出店者は、デザイン性やオリジナル性の高さで選ばれた、プロのショップばかりです。

そのため、クオリティの高い、おしゃれな蚤の市を実現することができました。

東京蚤の市 直前 ぜひ! @misenasi #東京蚤の市 #東京蚤の市ディスプレイ大賞

kuu... nさん(@ku_sousya)がシェアした投稿 -

 

東京蚤の市の良いところは、蚤の市初心者さんから、おしゃれ上級者まで楽しめるところ。街では見かけない、各国のかわいいヴィンテージアイテムにたくさん出会うことができますし、フードのレベルも高いので、デートで行っても楽しめます。

ただ、近年は大人気のため、来場者が多めです。

ピークの時間帯には、ショップの前でゆっくり物を見ることができなかったり、フードはかなり並ぶことも予想されます。

ですので、ちょっと早めに到着し、開場まで少し並ぶのがオススメですよ。

開催前にショップの紹介が公式ページでされているので、お目当てのお店を前もって予習すると、まわるのもスムーズ。
(※Tapoliのオススメは、奈良に実店舗を持つ、イギリスヴィンテージを扱うMLPshopさん。東京蚤の市では、おしゃれでかわいいイギリスヴィンテージ食器を中心に、家具やアクセサリーまで勢揃い!)

また、蚤の市は天気の良い日にこそ出かけたいものですが、小雨の日は人出が減るので、比較的ゆっくり見て回ることができます。

人気のイベントだからこそ、上手にまわってみてくださいね。

東京蚤の市公式ページ http://tokyonominoichi.com/2018_spring/
公式インスタグラム @tokyonominoichi
手紙社 http://tegamisha.com/

 

関西蚤の市

開催地 /兵庫県宝塚

東京蚤の市の関西版。運営は同様に手紙社さんです。

 

こちらも関西の大人気イベント。

女性だけでなく、家族づれも数多く来場します。

近年は阪神競馬場で開催。
蚤の市に行くついでに馬を見ることができるなど、ユニークな一日を楽しむことができます。

関西蚤の市公式ページ http://tokyonominoichi.com/kansai/2017_winter/

 

百万遍さんの手づくり市

開催地 /京都 知恩寺境内
毎月15日開催

「京都一有名なお寺マルシェ」、来場者数1万人以上、出店400店以上。
30年以上の歴史をもつ、「ハンドメイドオンリー」の市です。

クラフトアクセサリー作家がプロアマ問わず出店するだけではなく、パン、スイーツ、ジャム、お茶、コーヒー、野菜、果物、多肉…あらゆる「手づくり」が集まります。

有名な人やお店が出店するだけなく、ここで有名になり、その後有名な実店舗となっていったお店もたくさんあります。

 

行列ができることで有名な、名物店、御多福珈琲。
手づくり市にはじまり、現在は河原町に実店舗を持ち、京都の名物店となりました。御多福珈琲

月1開催なので、行くチャンスが多いのが嬉しいところ。
観光ついでに訪れてみるのもいいでしょう。

明るい賑わいと、選びがいのある力強い出店。圧巻のマルシェです。

以前私がおとずれた際には、NHK「猫のしっぽカエルの手」で知られ、映画にもなった、京都大原のハーブ研究家、ベニシア・スタンリー・スミスさんが来場しておられ、感激しました…。

 

ロハスフェスタ

 

出典/ロハスフェスタ

大阪(万博記念公園)、南港、福岡、広島、東京などで開催。

万博開場では春と秋に開催。

「おしゃれにかわいくエコを実践しよう」をかかげて開催されるロハスフェスタ。一日約2万人が来場します。

手作り雑貨だけではなく、アンティーク・ヴィンテージ、植物、アウトドアアイテム、ガーデニンググッズ、グルメなど、出店は多岐に渡ります。

ロハスフェスタの名の通り、ロハスな雰囲気。

こんにちは。 ロハスフェスタ事務局です。 さて、お待たせしておりましたロハスフェスタ春の出展募集を本日より開始させていただきます。 「オシャレにかわいくエコを実践しよう」と2006年から始まったロハスフェスタは 暮らしの中でのちょっとした心がけから『小さなエコを大きなコエに』がメインテーマです。 このイベントを通じて身近にあるロハスな種を、たくさんの方へ一緒にまいていただける出展者様を今回も募集させていただきます。 応募方法につきましては、ロハスフェスタ公式WEBよりご確認ください。 来春も皆さまにお会い出来ることをスタッフ一同、楽しみにしております。 ロハスフェスタ事務局

ロハスフェスタさん(@lohas_festa)がシェアした投稿 -

ゆったりとした時間が流れている印象で、お客さんに対してもあたたかく、「ようこそー」と歓迎してくれているのが伝わってくるイベントです。

もちろんナチュラル志向の人でなくても楽しめます。

緑の多い場所で開催されるため、ロハスフェスタを楽しみながらピクニックをする人も。ほかの市より、お子さんづれの方が多いかもしれません。

コーヒーや地ビールだけでなく、本格的な食事も提供されるため、一日かけてゆっくり楽しむことができます。

私が行った時には、本格的なハンモックが販売されていたり、
日本では未発売の、アメリカの人気ブランド「アンソロポロジー」のかわいい食器を販売しているお店があったり、
暑い中飲ませてもらった、キンキンに冷えたマレーシア紅茶「ボーティー」の美味しさに感動し、家に定番で置くようになったりと、いろんな発見がありました。

もちろんアンティーク・ヴィンテージアイテムを扱ったお店も出店しています。

ロハスフェスタ公式ページ http://event.lohasfesta.jp/
インスタグラム @lohas_festa

京都ふるどうぐ市

 

. いつぞやの。。。 #京都ふるどうぐ市#元立誠小学校

@ moco__moがシェアした投稿 -

元立誠小学校で開催していたことで知られ、開場の独特さと、感性の鋭いアンティーク店の出店で知名度を高めた「京都ふるどうぐ市」。

フィンランド・スウェーデンを中心とした古道具を扱う、「Soil」さんらが実行委員会。

こちらも、「東京蚤の市」同様、出店は公募で集められるのではなく、実行委員会が出店者を厳選し、出店依頼(招待)を行う形で運営されています。

そのため、感性の鋭いアンティーク店が揃い、有名になりました。
他では見ることのない骨董や古道具が多いため、販売価格はリーズナブルではありません。

元立誠小学校は商業施設としての運用が決まったため、今後は別の場所での開催を目指しておられ、期待が集まっています。

京都ふるどうぐ市公式ページ http://kyotofurudouguichi.com/
ツイッター @kyotofurudougu

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ぜひおでかけの参考にしてみてくださいね。